ホームへトピックス関連情報
関連情報
2018.05.23

【ご案内】2018/5/28(月)インド市場への参入戦略と実践 適切な参入戦略の選択と、文化を踏まえた人事・組織運営が成功のカギ

福岡地域戦略推進協議会(FDC)会員の九州経済連合会より、インドビジネスセミナーのご案内です。ご興味のある方は是非ご参加ください。


<以下、主催者からの案内です>

中国経済がスローダウンし、沿岸部の人件費も高騰する中、多くの日本企業が次なるターゲット市場を模索している段階のようです。地理的、心理的に近しい東南アジア諸国をターゲットとする企業も多いようですが、市場のサイズという視点では中国ほどのインパクトは期待できないというのが実情です。そこで今注目を集めている市場がインドです。国連の発表によるとインドは2022年に中国を抜き世界最大の人口を抱える国となり、2050年には約17億人に達すると予測されています。2016年の経済成長率も7.1%と中国の6.7%を2年連続で上回りました。アジア開発銀行の予想では2017年の成長率は7.4%と予測されており、今後10年間は有望な市場になると考えられています。しかし、インド市場には多くの困難が待ち受けています。一番大きな問題は、ビジネス文化が日本と比較するとあまりにも違い過ぎるということです。特に直接的に影響が及ぶのは人事・組織運営の領域です。日本の常識からすると考えられないような問題が普通に毎日起こるのです。そして問題に振り回され、営業に全く集中できないというケースも多くみられます。当セミナーでは、インド市場の魅力と可能性、参入戦略の選択肢だけでなく、人事・組織に関する問題解決策、実際の参入事例について詳しく解説致します。

日程:2018年5月28日(月) 13:00~16:00(開場:12:30)
主催:インド商工会議所連合会(FICCI)
共催:(一社)九州経済連合会
後援(予定):九州経済国際化推進機構、JETRO福岡、大阪・神戸インド総領事館
会場:電気ビル共創館「カンファレンスB」〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2-1-82
定員:80名
参加費:無料

プログラム
12:30 開場
13:00 ご挨拶
共催者挨拶(一社)九州経済連合会
来賓挨拶アームストロング・T・チャンサン
在大阪・神戸インド総領事
13:20 インド政府の経済政策と将来展望
アトゥル・シュングル(FICCI) *同時通訳有
インドの経済、制度、インフラ、産業等
13:50 休憩
14:00 インド市場への参入戦略と日本企業にとっての課題
クラウス・マイヤー(M+V) *同時通訳有
代理店/直接投資/越境ECとその成功事例
14:40 インドのビジネス文化と人事・組織の課題
サムリティ・パラシャー(M+V) *同時通訳有
必ず起こる問題点と解決策、その事例
15:20 質疑応答、ネットワーキング
16:00 終了

以下のサイトより必要事項をご入力ください。セミナー1週間ほど前に受講票をEメールにてお送り致します。*定員の場合は参加をお断りする可能性がございます。
https://www.maiervidorno.jp/seminar-may-2018-hakata/
※申し込み締め切り2018年5月24日(木)

チラシはこちらから

【問い合わせ】
M+V JAPAN
〒106-0032 東京都港区六本木5 丁目18 番23 号INAC ビル4 階
c/o フェネトル・パートナーズ株式会社
Tel:03-6697-6430、Fax:03-4496-6035
japan@mv-india.com | www.maiervidorno.jp

カテゴリ