ホームへトピックスプレスリリース
プレスリリース
2018.01.25

【プレスリリース】商店街活性化のための事業アイデアを試行します!! (福岡市商店街活性化パートナー発掘事業)

福岡地域戦略推進協議会(FDC)と福岡市は、やる気はあっても人手やアイデア等が不足している商店街に対して、外部から、活性化に向けた新たなアイデアや、活性化に共に取り組むパートナーを得て、商店街にイノベーションを起こすための支援(福岡市商店街活性化パートナー発掘事業)を行っています。

◆事業の流れ
①アイデアやパートナーを求めている商店街を公募
②学生等による商店街の課題調査
③民間企業、NPO法人、地域住民、学生等の多様な市民によるワークショップの実施(課題共有→アイデアづくり)
④活性化アイデアの試行(課題の洗い出し事業スキームの修正)実施例:毎月1回 無農薬野菜の販売
⑤試行結果を踏まえ、本格実施の検討

今回、3つの商店街において、パートナー候補とプロジェクトチームを結成し、活性化アイデアの事業化に向けて、課題の洗い出し、事業スキーム等の検証を行うための試行を行います。(以下、【資料】部分参照)
つきましては、活性化アイデアのPR、試行日当日の取材につきまして、ご協力をお願いいたします。

◆リリースに関する問い合わせ先
福岡地域戦略推進協議会(Fukuoka D.C.)
担当:神田橋、後藤  TEL:092-733- 5682 Mail:info@fukuoka-dc.jpn.com

◆プレスリリースのPDFはこちらから


【資料】
○今回試行する事業アイデア                             

【箱崎商店連合会】 事業アイデア:「街の日常を満喫! 新・民泊&体験プログラム」
○事業アイデア
箱崎にあるもの(筥崎宮、個性的な店・人、単身向け空き家など)を活用した “街ぐるみの民泊&体験”を実現する仕組みづくり
○試行内容
箱崎の日常(≒来街者の非日常)を満喫できるインバウンド・モニターツアーの実施
①街のフロント(今春開業予定のゲストハウス)でチェックイン 
②商店主らの「博多弁」と「笑顔」で、地元の人でなければ味わえない食や体験をご案内
③シャープ㈱の “ロボホン” と一緒に、箱崎をさるいてみます(=ロボさるき)
・時期:2月9日(金)夕刻 ~ 10日(土)昼頃(予定)
・会場:箱崎商店街内 http://hakoshoren.org/ (福岡市東区箱崎1-43-17)
※開業予定のゲストハウス(福岡市東区箱崎3 -8 -12F )
・プロジェクトチーム
箱崎商店連合会、NPO法人筥崎まちづくり放談会、㈱SAITO、まちカンパニー、テッシンデザインオフィス、(公財)福岡観光コンベンションビューロー、九州電力㈱、Airbnb Japan㈱ 、シャープ㈱

【竹下商店街振興組合】 事業アイデア:「FIT消費取り込みプロジェクトin竹下」
○事業アイデア
アサヒビール工場の年間来場者162,000人(うち韓国人個人旅行客72,000人)を商店街に誘導して消費を取り込む仕組みづくり
○試行内容
商店街の4店舗(和菓子、洋菓子、から揚げ、鮮魚店)でハングルPOPを店頭に掲示
①2月8日:韓国人ブロガー2名によるモニタリング調査、結果をSNSで発信し、主に旧正月(2月15日~17日)において商店街への集客を図る。
②3月17日:「第112回 竹下ふれあい市」
ビール工場の来場者(主に韓国人個人旅行客)を対象とした、ビール工場と商店街の回遊性を実現するイベントの実施
・会場:竹下商店街(福岡市博多区長住5-15-10)/JR竹下駅東口広場
・パートナー候補者:アサヒビール㈱ 博多工場、㈱ホスピタブル
 
【上長尾名店街】 事業アイデア:「学生が引き出す!商店街の魅力プロジェクト」
○事業アイデア
大学生による商店街の徹底分析と、商店街のポテンシャルの掘り起こしを通して、地域における商店街の役割を再認識することで、商店街の認知度を地域の中で向上させる仕組みづくり
○試行内容
①中村学園大学流通科学部 学生による個店取材:1月29日(月)15:00~16:30、1月30日(火)13:00~14:30
②NECソリューションイノベータ㈱による来街者(顔認証)調査 :2月中旬予定
③地元情報誌(ミニコミ まいんず)と連携した取材記事の掲載 : 2月末発行
・会場:上長尾名店街 http://route-555.com/ (福岡市城南区西長住2-25-28)
・パートナー候補者:中村学園大学、NECソリューションイノベータ㈱、ミニコミ まいんず

カテゴリ