事業内容Business contents

観光部会 「Meeting Place Fukuoka」 としての支援

本プロジェクトについて

MICE(国際会議や展示会等)誘致体制の強化を図るため、福岡都市圏の成長に向けた「MICE 戦略の概要」と「MICE推進体制のあり方」並び に「MICE施設整備についての考え方」を策定。その一つの成果として、2013年6月に観光庁の「グローバルMICE戦略都市」に福岡市が東京 都、横浜市、京都市、神戸市とともに全国5都市の一つとして選定されるとともに、2014年4月に「Meeting Place Fukuoka」を立ち上げるに至りました。

本プロジェクト進行状況

2014年度からは「Meeting Place Fukuoka」の支援に加え、戦略的誘致対象催事の誘致体制、ビジネスコーディネート機能の構築、福岡都市圏一体のMICE受入体制の構築、アフターコンベンションモデルの作成を行うプロジェクトを推進しています。
2016年9月30日に日本政府観光局(JNTO)が公表した2015年の「日本の国際会議開催件数」によると、2015年国際会議の開催件数は、日本全 体で 2,847 件、うち福岡市における国際会議の開催件数は363件で7年連続全国第2位となりました。

広がるプロジェクトの成果

サイトビジットツアーMICE 誘致によって拡大する観光需要を福岡都 市圏全体に波及させるべく、サイトビジットツアーのモデルプラン検討を行いました。その一つとして、2016年6月24日から28日にかけて福岡市で開催された「第99回ライオンズクラブ国際大会福岡2016」の参加者を対象に「Munakata One Day Tour(宗像ワンデーツアー)」を 2016年6月27日に企画・実施しました。このツアーにインドからの大会参加者36名が申し込み、2017年世界文化遺産候補の宗像大社や沖ノ島遺産を見学。宗像名産の活魚料理や和装体験などを通じて、宗像の魅力(ブランド)を体験してもらいました。今回のツアーを検証し、MICEの経済波及効果を福岡都市圏に拡げていきます。