ホームへトピックスFDCニュース
FDCニュース
2018.11.26

【開催報告】「安全・安心フェスタ2018」に防災共創プラットフォームイベントブースを設けました

福岡地域戦略推進協議会(FDC)は福岡市等と「防災共創プラットフォーム」を設置し、有事の際に市民・企業・NPO・行政と速やかに連携できる関係づくりや、未来の防災を担う仕組み・製品の創造を目指しております。
2018年10月27日(土)に開催された「安全・安心フェスタ2018」にて防災共創プラットフォームのイベントブースを出展しました。

本年1月にぼくらの未来創世物語実行委員会が開催した「ロボットアイデアソン」の優勝アイデアをモチーフとして発足した「ロボットと共創する“未来の防災”プロジェクト」及び、今夏実証研究を行った「“マンホールトイレ”の新たな使い方研究プロジェクト」の紹介を行いました。また、イベント主催者が実施したスタンプラリーに参加し、スタンプを押しに来た家族連れに対して食べ物と水の備蓄状況についてアンケートを行いました。
年齢問わず子供たちの興味を引くことができ、子どもを待っている間に保護者とゆっくり意見交換することができました。意見交換した保護者の多くから、「子どもができたことを機に災害について考えるようになったが行動が伴っていない」ため、「いざというときに困らない仕組みをつくる」という考え方に共感するとともに、ぜひ具体的な成果を上げて欲しいとの声が寄せられました。

イベントスペースの様子



ロボットと共創する“未来の防災”プロジェクト展示風景

カテゴリ