ホームへトピックスFDCニュース
FDCニュース
2018.11.22

【開催報告】朝倉復興事業「朝倉ファムトリップ」のワークショップ運営に取り組んでいます

福岡地域戦略推進協議会(FDC)は、2017年の九州豪雨で被害を受けた福岡県朝倉市で、朝倉商工会議所が取り組む復興事業「朝倉ファムトリップ」を支援しています。ファムトリップは、高い発信力を持つ福岡都市圏の人たちが朝倉を訪れて魅力を探る取り組みで、全3回シリーズです。FDCは企画のうちワークショップの運営を担当し、参加者が朝倉復興に向けたアイデアを出し合うプロセスに貢献しています。
9月26、27日にあった第1回では、福岡都市圏の写真家、フードアナリスト、女優、映像製作会社員といった多様な職種の女性が参加し、2日間を通して国史跡「三連水車」などの観光名所を巡り、その後、ワークショップに臨みました。
ワークショップは、FDCの神田橋幸治シニアコンサルタント、片田江由佳マネージャーがファシリテーターとして議事を進行。参加者からは、多彩な果物を使ったソフトクリームの開発や、豊富な水資源を活用した飲料水などの新商品のほか、三連水車の魅力を高めるために近くに休憩所を設け、軽食を楽しめる空間づくりをするアイデアなど、さまざまな提案や企画が次々に飛び出しました。参加者による投票では、果物を味わいながら朝倉の町を巡る「フルーツマラソン開催」のアイデアが1位に輝きました。

朝倉復興のためのアイデアが次々と出たワークショップ



勢いよく回る三連水車を見学した参加者たち



梨狩りを楽しむファムトリップの参加者たち

カテゴリ