ホームへトピックスFDCニュース
FDCニュース
2018.02.27

【開催報告】福岡市実証実験フルサポート事業において消防学校でウェアラブル製品の実証実験を実施致しました

ミツフジ株式会社の着衣型ウェアラブルデバイス「hamon®(ハモン)」を福岡市消防学校訓練生に装着し訓練による体調の変化やストレス指数の検出を行う実証実験を実施いたしました。「hamon®」によって心拍間隔や加速度データを取得することで、ストレス指数、体調不良、転倒などを検知・モニタリングすることが出来ます。
訓練生の座学受講時だけでなく、ロープやはしごを使った激しい運動を伴う訓練時でもデータを取得することができました。今後、取得データの蓄積や分析の精度アップにより、サービスレベルの向上が期待されます。

訓練の様子



データ取得状況



<実施概要>
【実施期間】2017年11月7日(火)~12月4日(月)
【実施場所】福岡市消防学校
【実施主体】ミツフジ株式会社 (リンク:https://www.mitsufuji.co.jp
【対象商品】hamon® (リンク:http://www.hamon.tech

<参考>
福岡市実証実験フルサポート事業について
福岡市実証実験フルサポート事業は、ITやIoTのテクノロジーを活用する独自の技術やアイデアを活用した実証実験プロジェクトを全国から公募し、優秀なプロジェクトについては、福岡市と福岡地域戦略推進協議会(FDC)が実証実験のサポートを行うものです。サポート内容は、実証実験の場の斡旋や、PRのための場の提供、実証実験に必要な費用の助成(上限20万円)などです。
福岡市内で実証実験を行うことにより、プロジェクトの成長を目指す方であれば、どなたでも応募可能です。2017年度は、第1期、第2期、第3期の計3回、募集を行いました。

カテゴリ