ホームへトピックスFDCニュース
FDCニュース
2017.10.23

【ご案内】2017/11/3(金)スタートアップに LGBTの視点を-ダイバーシティとインバウンドから考える-参加者募集

LGBTを軸としたビジネス拡大の可能性について、特にインバウンドの観点から情報提供を行うイベント「スタートアップにLGBTの視点を̶ダイバーシティとインバウンドから考えるー」に、福岡地域戦略推進協議会(FDC)シニアマネージャーの原口が登壇いたします。
本セミナーでは、LGBTに関する基礎知識をはじめ、ダイバーシティやインバウンドを切り口にした国内外の事例紹介等を行います。また、参加者全員に、福岡県発行のLGBT啓発冊子「おもてなしRAINBOW GUIDEBOOK」を配布いたします。これからのビジネスを考えるうえで重要なキーワードとなるLGBTについて、ご興味のある方はぜひご参加ください。

LGBT(性的少数者・セクシュアルマイノリティ)とは
レズビアン(Lesbian) ・ゲイ(Gay)・バイセクシュアル(Bisexual) ・トランスジェンダー(Transgender)の頭文字をとったもので、性的少数者の総称の一つです。※性的少数者はLGBT以外にも多様なアイデンティティの人がいます。

人口の5~8%と推計されるLGBT(性的少数者)について、注目が集まっています。国内においては、企業や自治体のLGBT施策は広がりを見せており、福岡でもその機運は高まりつつあります。また、2020年オリンピック・パラリンピックの調達コードの中でも、性的指向・性自認に関する取り組みの有無が問われ、欧米では取引先の評価基準にLGBT施策を含む企業も増えており、グローバルなビジネスシーンにおいて関心が高まっています。
本セミナーでは、LGBTに関する基礎知識をはじめ、ダイバーシティやインバウンドを切り口にした国内外の事例紹介、パネルディスカッションなどを通じて、LGBTについての適切な理解を深めます。

日時:2017年11月3日(金・祝)16:00~18:30(15:30開場)
場所:福岡市スタートアップカフェ(福岡県福岡市中央区大名2-6-11 FUKUOKA growth next 1階)
参加費:500円/懇親会1,000円(ドリンク代別)
    ※参加者には、福岡県発行のLGBT啓発冊子「おもてなしRAINBOW GUIDEBOOK」を配布いたします。
参加申し込み:不要(当日会場にお越しください。)
主催:NPO法人Rainbow Soup 
後援:福岡市、在福岡米国領事館ほか

Guest speaker
池内 志帆氏(ホテルグランヴィア京都接遇部担当部長)

大学卒業後、渡米。ワシントン州シアトルのホテルにて約5年半間勤務。帰国後は東京都内の和食店、関西のリゾートホテル開業等を経験し、平成16年にホテルグランヴィア京都入社。海外マーケティング業務を中心に、宿泊部門、VIP接遇、顧客管理等ホテルのオペレーションにも携わっている。2013年のIGLTA (International Gay &Lesbian Travel Association)年次総会(シカゴ)参加を機に本格的にLGBTマーケティングを開始、2014年3月には海外向け同性婚プランを発表。同年10月からはIGLTAのアンバサダーを務めている。

原口 唯氏(福岡地域戦略推進協議会 シニアマネージャー、株式会社YOUI代表取締役)
2011年に九州大学芸術工学府デザインストラテジー専攻修了後、都市開発コンサルティング会社・自治体シンクタンクを経て、2017年に株式会社YOUIを設立。多様な主体の働きかけによるプロジェクトのデザインとマネジメントを通じて、人間と都市の魅力が最大化されることを目標に活動 。2016年にアメリカ国務省が招聘するInternational Visitor Leadership Program(IVLP)に参加し、企業内におけるダイバーシティとその活用について知見を深め、多様な人材が活躍できる環境づくりにも深い関心を寄せている。

■お問合せ:NPO法人Rainbow Soup
080-3228-4492 / rainbowsoup.fukuoka@gmail.com

カテゴリ